若白髪でも気にしない!染めちゃえばいいだけ。

若いうちから白髪に悩んだおじさんが若白髪について一言

若白髪

若白髪の原因は?これ以上増やさないための対策は?

髪の毛にはメラニンと呼ばれる色素が含まれており、メラニンが黒さを保っています。メラニンはメラノサイトと呼ばれる場所で作られることがわかっています。

このメラニンが不足すると髪の毛の色素が抜け、白髪になります。実際には無色透明なのですが、光に当たることで白く見えます。

白髪は年齢とともに現れてきますが、若白髪とは10代や20代で現れる白髪のことを指します。

若白髪は男性にも広く見られる症状の一つですが、その原因については諸説あるものの、まだ解明されていない点が多くあります。

若白髪は老けて見られたり、苦労していると見られてしまったりすることから、マイナスイメージで捉えられることがあるため、悩みの種になる場合が少なくありません。

男性の若白髪の原因には遺伝、ストレス、栄養不足が考えられています。父親や母親が若白髪の場合、その子どもにも遺伝する可能性があります。遺伝的なものについては対処する方法がありません。この場合の対策として白髪染めを利用しましょう。

次はストレスです。人間関係などで強いストレスを受けると、メラノサイトのメラニン産生機能が低下し、メラニンを分泌することができなくなります。ストレスのもとを断つことで、快方に向かう場合もあります。

栄養不足については、メラニンを作り出すミネラル分などの栄養素が不足すると白髪の原因になる事があります。男性の若白髪対策には白髪染めが効果的です。白髪染めは年々進歩しており、より自然な発色に近くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA